モイストリフトプリュスセラム ビーグレンQuSomu

モイストリフトプリュスセラムVSビーグレンQusomeリフト!

 

モイストリフトプリュスセラムと、よく比べられる美容液といえば、
ビーグレンのQuSomeリフト(キューソーム)だと思います。

 

この2つの美容液は、どちらも人気が高い、「リフトアップ美容液」
ですが、

 

・どちらがリフトアップ効果が高いのか??

 

・値段や定期購入の仕組みはどのようになっているのか?

 

と両方の商品で悩まれている人って多いと思うんですよね。

 

ですのでここでは、モイストリフトとビーグレンを徹底比較してみて、
どちらがあなたに合っているのかを、確かめて欲しいと思います。

 

購入前に迷っている方は、ぜひ参考にしてもらって、あなたの
助けになれば幸いです^^

 

 

モイストリフトプリュスセラムとビーグレンのQuSomeは何が違うのか??

 

モイストリフトプリュスセラムとビーグレンキューソムはリフトアップ美容液と
いう事で、容器や使い心地はほとんど変わりがありません。

 

しかし、内容や成分、リフトアップの仕組みなどは両者ともに、それぞれ
仕組みが違うので詳しく説明します。

 

  モイスリフトプリュスセラム ビーグレンQuSomeリフト
通常価格 10800円(税込) 7560円(税込)
定期購入 初回:7560円 ※30%オフ

 

2回目以降:9180円:★3回目の配達日にプレゼントあり

初回:7182円 ※5%オフ

 

2回目以降:7182円

容量 30ml 60g
送料 無料 無料
返金保証 なし 365日
商品の売り ・ドクターズコスメ

・DMAEという独自の成分配合

・独自の浸透テクノロジーキューソームを応用した複合成分配合

・マッサージ美容液

解約 いつでも いつでも
支払方法 ・クレジットカード

・NP後払い(コンビニ、銀行、郵便局)

 

・代引き

・クレジットカード

・代引き

 

・GMO後払い(コンビニ、銀行、郵便局)

成分 水、グリセリン、スクワラン、BG、酒石酸ジメチルエタノールアミン、カルノシン、ポリアクリルアミド、水添ポリイソブテン、アセチルヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、チオクト酸、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、ナイアシンアミド、シア脂、オレンジ油、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ジメチコン、ラウレス-7、PEG-60水添ヒマシ油、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール 水, グリセリン, BG, ペンチレングリコール, ジメチコン, メドウフォーム油, セタノール, ジミリスチン酸PEG−12グリセリル, リン酸セチル, スクワラン, バチルアルコール, キサンタンガムクロスポリマー, ヒドロキシプロピルシクロデキストリン, シャクヤク根エキス, レシチン, クダモノトケイソウ果実エキス, トリペプチド?10シトルリン, トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア, アセチルジペプチド−1セチル, イノシトール, プルラン, グルコシルヘスペリジン, 黒砂糖エキス, グリチルリチン酸2K, アラントイン, クオタニウム−45, (PCA/イソステアリン酸)グリセレス−25, アルギニン, ヒドロキシエチルセルロース, (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー, ラウリン酸ソルビタン, カルボマー, (ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー, トコフェロール, ポリソルベート60, 炭酸水素Na, 塩化Mg, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール
メリット ・ドクターズコスメなので安心感が高い

・いつでも解約できる

・口コミでの評価が高い

・24時間カスタマーサービスが利用できる

 

・返金保証がついている

デメリット ・2回目以降が高い

・毎日つけるのが面倒

・定期購入でも、2回目以降の値段が通常値段とほとんど変わらない

・マッサージの時間が手間・毎日つけるのが面倒

違い マッサージはあまり重視していない つけると同時のマッサージも効果に関わってくる
公式サイト モイストリフトプリュスセラム 公式サイト ビーグレン Qusomeリフト 公式サイト

 

ここからは、それぞれのポイントの比較をしてみます!!

 

値段

 

通常価格はモイストリフトリフトとビーグレンではではビーグレンの
方が安くなっています。

 

しかし、気をつけなければいけないのが、ビーグレンの定期購入です。

 

ビーグレンの定期購入は、本数によって割引率が変わってきます。
毎月1本では、5%オフ、4本では25%オフと多く買った分だけ値引きが
大きくなるといったシステムをとっています。

 

定期購入をする割には、毎月1本だとほとんど値段が変わらないのは
ちょっと残念。

 

ただ、毎月7000円程で購入できるので、モイストリフトよりは安い設定
になっています。

 

一方、モイストリフトの定期購入は、初回が7560円と初回の割引率
はよいですが、2回目以降は値段が高くなります。

 

容量

 

両者での、容量の単位は違いがありますが、約1か月ほど持つという意味では
ほとんど変わりありません。

 

解約・返金保証

 

定期購入の、いわゆる「購入回数の縛り」はモイストも、キューソームリフトもあり
ません。

 

ですので、1回目の購入後にいつでも解約ができます。

 

返金保証については、モイストはありませんが、ビーグレンは365日とかなり長い
返金保証の期間を設けています。

 

成分

 

モイストリフトの売りはなんといっても、「DMAE」という成分を配合している事。

 

DMAEはアセチルコリンという肌のハリにかかわる成分と同様の働きをします。
その為、もっちりとした弾力のある肌が蘇るというわけです。

 

一方、ビーグレンの方は肌に弾力を与える、「アセチルジペプチドー1セチル」や
肌を引き締める「デコニリル」が含まれており、それらの成分がハリを取り戻して
くれます。

 

モイストリフトプリュスセラムとビーグレンどっちが良いの??

 

モイストリフトがお勧めの人!

 

モイストリフトプリュスセラムは、DMAEという成分が肌に浸透し、ハリをとり
戻してくれる美容液です。

 

値段はビーグレンより、ちょっとお高めなのが少しネック。

 

ただ、ドクターズコスメという事もあり、医学的根拠があるのでそういった部分
で安心したい方にはおすすめです^^

 

塗ってすぐに効果を得られるというのも嬉しいところで、持続力も長く続くのは
嬉しいですね。

 

しかし、それを塗れば劇的に変化するわけではないので継続性が求められる
は確かです。

 

↓↓目元・口元ピ〜ン↓↓



 

ビーグレンQuSomeリフトがお勧めの人!

 

ビーグレンのキューソリフトは、なんといってもモイストより値段が安いのが嬉しい
です。

 

定期購入でも、2回目以降は値段が変わらないのはちょっと残念ですが、毎月の
値段はモイストより2000円程安く
なっています。

 

少しでも値段を抑えたい!

 

そう思う方にはおすすめです^^

 

また、1本で約1、5か月使えるので、経済的に嬉しいですね^^

 

さらに独自の浸透テクノロジーキューソームを応用した複合成分
を配合しています。

 

その為、マッサージをすればさらに効果を期待できるので、自分で
マッサージをするのが好きな人や、やっているのを実感したい人
にはおすすめのリフトアップ美容液です。

 

↓↓マッサージでリフトアップ↓↓